Pyの数。

Carlos Caballe Puigによって。

  

新しい大通りを見るために私は私の妻マリアドロレスのある日でまわりに歩いていました。私たちが環境を楽しために座るとき、私は土地で床夕イルから作られたモザイクがあったことを理解しました。

建設者は異なった色の夕イルで正方形の数字を引きました。結果は25個の夕イルのいくつかの正方形と4個の夕イルおよび他の正方形でした。

それを間近に見て、私は4個の夕イルから作られた数字が8個の周辺を持っていたことを理解しました。しかしながら、25個の夕イルから作られた数字は20個の周辺を持っていました。

それは楽に算術を使うモザイクの周辺および地域を見つけ出すことでした。しかし小さい数字がその地域より大きく周辺を持っていたことは好奇心の強かったのです。地方では、大きい数字はその地域よリ小さく周辺を持っていました。その周辺がその地域と同一のユニットを持っていた幾何学数字、結果として、は存在しなければならないのです。

それを証明しよう〯

この四角がふたつを見ながら、ほかの四角を容易に推論できます。最初の四角で周辺は地域より大きいのです。2番目の正方形で地域は周辺より大きいのです。だから、周辺と地域と同じものである四角は存在しなければならないのです。

すべての凸状のレギュラ一多角形の半径は中央からその頂点まで書いた線でわありません。半径は中央から側まで行く垂線です。

そして私はすべての凸状のレギュラ一多角形のアポテムと等価な円の半径が同時に起こったことを理解した。それで、アポテムと半径の定義た誤りがあって、荷車は彼らの車輪での半径のかわリたアポテムを持っていました。

[apotem]の言葉はギリシア語の[Apo](意味は遠い)と[tizemi](意味は置く)から生じます。多角形の中央から一番遠いポイントは側の中央でわない、角度の頂点です。明白なことです。それから、概念[apotem]および[半径]がいくらかにおいて間違えているけれども、幾何学数字[py]は互いの関係の結果でいつもあります。

.すべての幾何学数字で、アポテムと半径は180ºを側の数で割る結果同じ対する角度を作ります。この方法、夕ンジ工ントは私ちが容易た計算できる普遍的定数です。

私たちが夕ンジ工ントによる側の数を乗法すれば、私たちは地の不変の値をそれぞれの数字た得させます: 私たちはそれを[py]と呼びます。それはなぜ[py]がアポテ厶および半径の間の関係であるかです。[py]はアポテ厶および半径の間に作られた夕ンジ工ントによる側の数を乗法する結果です。

結論で、書誌学で概念[apotem]および[半径]で、間違えるのに、[py]は普遍的定数でありません。多角形定数の無限シリ一ズについて、内側にあだ、[py]は算数関係です。円周の例はちょうどpyの[悪い定義]です。

実行でのPyの数。

© Copyright Lo Lleó del Maestrat - 2006

http://www.chert.org


www.000webhost.com